スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年01月15日

新年

いつの間にか開けてました、おめでとうございます。

本年も僻地ブログではありますが、皆様よしなに…

さて…






新年早々新たなてっぽうが着弾しましたYOー。







ご存知、APSのライブシェルショットガン CAM870です。

箱出し状態はグリスでビックリするほどアブラギッシュでした(爆)

で、このCAM870...本国じゃあ、実弾打てちゃったとかで当局に押収されちゃった…らしいですが、コイツは安心、日本遵法仕様。

本国仕様はパワーソースがCO2でシェル内にBB弾を複数発入れ、ワッズで押し出す、まんまホンモノと同じ発射機構。

インナーバレルも当然(ヾノ・∀・`)ナイナイ

なもんで、日本じゃかなりグレーゾーンなヤツだと思う。どっかのショップで販売していたのを見た気がするけど…


まっ、それは置いといて…


日本が誇る(?)ライブシェルショットガンの雄 マルゼンⅯ870と比較してみた。




以外や以外、マルゼンのほうが長かった。





レシーバー部分もほぼ同サイズだが、トリガーユニット固定用のピンとビスのピッチが若干違う。

CAM870は実銃と同ピッチかも(未確認)


ショットシェルも比較




『HAKKOTSU』だってさ(爆)

HAKKOTSUが『白骨』から来ているのかは不明だけど、しゃれこうべが描かれているからそうなんだろうね。

白骨シェルは、マルゼンシェルより短く、若干太め。


ってことで





マルゼンシェルが装填できるのか試してみた。





はいっちゃった…

ボルトが完全閉塞していない様に見えるが…




白骨シェルでも完全閉塞しないのです(笑)

マルゼンシェルでも排莢は問題なくできたが、発射できるかは未確認。





シェルキャッチャーが標準で付属するのは嬉しいね。(ちらっと銃剣が見切れているけど、コイツはサンパチ用。後日記事にします)

マルゼンⅯ870にも使用可能だった。

ってことで、サラッと紹介してみた。

購入を検討している方の参考になれば幸いです。  


Posted by きがらし  at 20:49Comments(0)海外メーカー ショットガン

2017年12月30日

忘れてた

予約していたものが忘れた頃に届いた





お馴染みS&T製 三八式歩兵銃。

三八式と言えば高級トイガンの代名詞ともいえる高級銃な訳ですが、そのサンパチが3万円代で買えるってんだからびっくり。思わず予約注文をした。

8月注文で年内に入手出来たので、思いのほか早くてオドロキ。やるねS&T

コイツは第二ロットのモノだと思われる。


いろんな方がレビューされてるので、詳しいことはソッチを見て頂くとして…(丸投)

コッチでは気になった所をサラッと。


つうわけで…





WW2つながりってことで、Red fireだったかのモシンと比較してみる。

長さはほぼ同じ




最初からこうなのか、調整の時に付いた傷を誤魔化したのか、明らかな再塗装痕が…

前者なら仕方ないが、後者ならふざけんなよコノヤロウですぜ。




有るはずの無いマガジンや、メイドインちうごくの刻印は何とかしたいところだけど…






菊花紋章と防塵カバーを再現してくれたことは素直に嬉しい限り。

やっぱりサンパチには銃剣が必須ってことで、KTWの銃剣を追加発注。

届くのは年明け3日あたりかな?


つうわけで、年内最後の更新でした。

思い付きで始めたブログの割には、結構続くもんだなと自分の事ながら驚いている。

僻地ブログながら、定期的にアクセスしてくださる方もいらっしゃるようで、うれしい限り。

来年もこんな感じでゆるーくやって行こうと思うので、よろしくお願いします。


では皆さん、よいお年を!!
  


Posted by きがらし  at 00:57Comments(0)ボルトアクションライフル

2017年12月22日

マルゼンⅯ1100&マルシンⅯ1887再販

Ⅿ1100は光の速さで売り切れたみたいっすね。

Ⅿ1100の新品が入手出来るまたと無い機会。

ちょっと心を動かされたが、うちにゃあⅯ1100が3挺もある訳で…

ワタシ以外に欲しい人も多数いるだろうし、そんな方たちの為にも今回の購入は見送った次第です。



Ⅿ1887はどーでもいいや(爆)

オールプラであのプライスはちょっとね…マルシンさん…



ワタシが待ち焦がれていたのはコレ








マルシンⅯ1887用の6ミリ仕様シェル

6ミリ仕様は赤シェル。うん、これはイイネ!!(・∀・)

蓄気シェルでもないのに、強気なプライス。¥4.000だってさ、よんせんえん!

今回は3セット購入したんで、¥12.000也。

きゃあー、てっぽうかえちゃうーよぉー…


まあ、結構金かかってんなー…って構造なんでこれは致し方なしかと。

でもね…

BB弾を保持するだけなんだから、もっと簡素にしていいだぜ?マルシンさん。

マルゼンさんを見習おうや。

まあ、いろいろ言いたいことはあるケド、素直に喜ばしい事だと思いますよ、ええ。

一番重要なのは…

コレが コレ に使用できるかっつー事。



結論から言うと、なんの問題も無し!!

バッチリ、シックリ、スッポリ、使えちゃいます。

まあcreationのM1887自体がマルシンⅯ1887のコピーなんで使えて当たり前なんだけどネ。




ってことで比較

外観はほぼ同じ





マルシンシェルの方がリム部分が丸っこくなってる。





BB弾を保持する部分はクリのほうが深い。3発は入りそうだなあ。





とーぜん装填、発射、排莢も問題ナシ


ってことで、ほぼ入手不可なcreationシェルの代用に十分つかえます。

在庫があるうちに入手しちゃったほうが良いかもね。
  
タグ :Ⅿ1887creation


Posted by きがらし  at 20:28Comments(0)海外メーカー ショットガン

2017年12月04日

長銃身って

イイね




当初はⅯ1100用にしようかと思ってたけど、Ⅿ870のほうがしっくりきたのでⅯ870に搭載。

26インチはちょっと長すぎる気もしたけど、遠目で見るといいバランスだ。




上のⅯ870がノーマルサイズ

随分と長くなったもんだ。




少しばかり塗装が残念だが、もう疲れたんでこれで完成 !

使用塗料はトビカトップガードのブルーイング色。

価格はキャロムショットより高いが、量が多いんでコッチのほうがお得だと思う。

ベンチリブバレルも製作中なんで、完成したらUPしようかな。  


Posted by きがらし  at 21:09Comments(0)カスタム

2017年11月30日

キャンチぃぃぃぃー

コレが




こうなった







簡単に考えていた割には難儀だった。

少しでも実物に似せる為ギリギリまで攻め立て…




一旦離型するので、シリコンスプレーを塗り金属用エポパテをこれでもかと盛る





エポパテが乾燥後一旦剥がし、瞬着でガッチリ接着。





あとは削るのみ!!

ヒタスラ削るのみ!!!

ヒタスラ削ること数時間…









やっとバレルに取り付けるまでに至った。




ちょうど今日スコープも届いた。

散弾銃用なんで、低倍率のショートスコープにしてみた。

ホントはブッシュネルのスコープが欲しかったのだが、ただの飾りに3万オーバーも出せないので似たものをチョイス。思った以上に良いものだったので安心。

マウントリング付きで¥7,000也 いい買い物だった。


もう少しで完成だ。
  


Posted by きがらし  at 00:36Comments(0)カスタム

2017年11月25日

ストックを塗ろう

Ⅿ1100のストックが




接着部分から割れていた

モナカストックだから仕方ないよね。

ちょうどいい機会なんで、リペアついでにストックを染め直そうと思った。




ちゃっちゃと分解。

120番の布ヤスリで塗装を落とし…




丸裸

結構赤みが強い木材だね。

400番のペーパーヤスリで表面を均す。

下地処理が仕上げに影響するので、ここはシッカリと。




今回はワシンのオイルステイン マホガニーをチョイス。




ハケで大胆にベッチョリといっちゃおう。

この状態で400番の耐水ペーパーでウエット研磨して、表面の塗料をウエスで拭き取る。




んんー

イイ感じだ。

赤くなり過ぎず、いい色に染まって一安心。

元々の木材の色が暗めだったので、今回は1回塗りで止めておいた。

乾いたらニスでテッカテカにしよう。
  


Posted by きがらし  at 22:55Comments(0)マルゼン ショットガン

2017年11月23日

ドムドムでもファーストキッチンでも無く

モスバーグです。







てへ またかっちった

腹いせ落札したアレがあまりにもイイ感じだったので、今度は長いのが欲しくなったのです。


もう今年はもうテッポー買わないよ...…多分。


ってことで、2挺目のモスバーグはスラッグスターです。

程度は上々、木ストに色合いもいい感じだ。

やっぱり散弾銃はウッドストックじゃなきゃね。
キっす、やっぱ木じゃなきゃ。




銀モスと比較。
思いのほか長いねコレ。




M870と比較。

M870は我が家のコレクションの中でも結構長いほうなんだけど、随分と長かったのね、スラッグスターセンパイ。

うーん、やっぱり長銃身ってイイね。


次こそはガンラックかわねばなぁ…  


Posted by きがらし  at 13:00Comments(0)マルシン ショットガン

2017年11月22日

真夜中の

行進…もとい更新です。

アルミチャンネル材から切り出したベンチリブが形になった。




金属用エポキシパテで溝を埋め、せっせとヤスリ掛け。

何とかソレっぽくなって一安心。




ベンチリブを26インチ(660㎜)サイズで作ったので、とーぜんバレルも延長加工。

Φ18のアルミパイプをインサートにΦ22のアルミパイプでえんちょー。

繋ぎ目もイイ感じに誤魔化せて良かった。




仮合わせ。

んんー。

いいんじゃないっすか??

やっぱリブがあると引き締まるネ。


ってことで寝る(爆)  


Posted by きがらし  at 01:44Comments(0)カスタム

2017年11月20日

マックでもロッテでも無く

モスバーグです。








…またやっちまった。

オクで狙いの出物を落札できず、その腹いせにコッチを落札…。

もう、こーゆー無駄なことは止めようと誓い、幾星霜…

未だに止められず、現在に至ります。

齢31歳…いまだに成長できず…。


…っと

後悔するのはほんの一瞬。

テッポーが手元に届くとそんなことは頭から吹っ飛び、次はなにを入手しようかとオークションパトロールに励むのです。

バカですねー。とっても。

もう手遅れなんでほっといてちょうだい  プイ





ってことで、散弾銃マニアを自負するワタシですが、初モスバーグです。

マルシンのモスバーグはシリーズが多すぎて、今回入手したモノが一体何なのかさっぱりわからんですが、おそらくブリリアントフィニッシュかな…?

ジャンク扱いで格安だったのでしょーじき期待していなかったが、思いのほか綺麗で機関も問題ナシ。
いい取引が出来た。




シルバーも悪くないね。うん

噂には聞いていたけど、コッキング音もかなりイイね。

ライブシェルじゃないので今まで見向きもしなかったモスバーグだけど、実際手に取ってみると、その質感と仕上げの良さが良くわかる。

リアル思考なヒトでも十分満足できる、そんな1挺だと思う。

コイツはディスプレイ用にしよう。






もう置く場所無いんだけどね(爆)

いいかげんテッポー立て買わないとなぁ…
  


Posted by きがらし  at 21:04Comments(0)マルシン ショットガン

2017年11月18日

結局買う

レシーバー如きに一万も出せっか!!

と鼻息荒くイキマイていたが…





結局G&P製を買うっていうね。

いやいや奥さん、このレシーバーだから買ったんですよ?





レシーバーの上に乗ってるレールが欲しかったんデスYO-





前々から、M1100謎カスタムにスコープを搭載したいなーと思っていた。

『ショットガンにスコープ? てめーわ某部長刑事か!』

と、言うなかれ。

狩猟の世界じゃ結構ポピュラーなんだよね。

あくまでも『猟銃』風のカスタムが好きなんで。



どーやってスコープを取り付けるか…なんです。


マルゼン純正のマウントは絶版で入手はほぼ不可、実銃用は穴が合わず使用できない。

貴重な純正のメタルレシーバーに穴あけしてレールを取り付けるなんてもってのほか。

んじゃどうすっか…と、考えあぐねいていたところだった。

で、




こんな感じにキャンチレバーをバレルに取り付けちゃうのがベストなんじゃね?と言う結果に至った。

私が度々 覗き見 訪問させて頂いているブログがあるのだが、そこの方のカスタムをパクらオマージュさせて頂くことにした。

もちろん無許可である(爆)

オマージュだからイイよね てへぺろ


つうわけで、似たようなレールが付いているこのレシーバーに白羽の矢が立った…という訳なんです、ハイ。

エポパテかなんかで桁上げして、バレルにねじ止めすりゃいけんじゃね?

と、簡単に考えているが、どうだろう…



失敗するイメージしかわかない(笑)

  


Posted by きがらし  at 20:08Comments(0)カスタム